~人気のアイドル養成所の資料請求はここから~

16歳の女子高生でもアイドルになれる? 高校生がアイドルになる方法と注意点

アイドルになる方法

「高校生だけどアイドルになれるのかな?」

「高校性がアイドルになる方法が知りたい」

このように、テレビや舞台で活躍するアイドルに憧れ、高校生でアイドルを目指している方も多いと思います。

アイドルになる夢を叶えたいのであれば、早め早めに動くことが大切です。その理由は、アイドルは年齢が若い方が活躍できる確立が高いからです

こちらの記事では、アイドルの平均年齢や高校生がアイドルになる方法、注意点について詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめのアイドル養成学校の資料請求はこちら

アイドルの平均年齢

歌って踊れるライブアイドルの名前をインターネットで調べると、16〜22歳までにCDデビューしている方が多いことが分かります。また、声優アイドルとして活動している方は、20〜23歳くらいまでの方が殆どです。

このように、アイドルは若い年齢で活躍している方が圧倒的に多いです。それに、アイドルになるためのオーディションでは、年齢制限を設けている場合があります

日本の某人気アイドルグループの募集要項を確認してみたところ、「11〜20歳までの女性」と記載がありました。やはり、若ければ若いほど、チャンスをモノにできるということですね!

例え一度目のオーディションを落ちてしまったとしても、若い年齢であればまた再びチャレンジができます。「アイドルになりたい!」と思ったら、ぜひ早めに動くことをおすすめします。

高校生がアイドルになる3つの方法と注意点

高校生がアイドルになる場合、まずは何から始めれば良いのでしょうか?こちらでは、高校生がアイドルになる方法を3つ紹介します

また、それぞれの方法についての注意点もまとめています。ぜひ確認してみてくださいね。

①芸能プロダクションに所属する

アイドルになるためには、まずは芸能プロダクションに所属しなければいけません。芸能プロダクションに所属することにより、アイドルとしての仕事をするチャンスが増えます。それに、マネージャーがスケジュール管理や仕事の交渉を行ってくれるので、安心してアイドル活動ができます。

しかし、ここで重要なのは、芸能プロダクションに所属するためには、必ずオーディションに合格する必要があるということ!

オーディションを勝ち抜くには、自分がなりたいアイドル像を明確にし、その理想に近付くために努力していくことが大切です

芸能プロダクションを選ぶ際の注意点

早くアイドルとしてデビューしたいのであれば、自分で芸能プロダクションのオーディションに応募してみるのも一つの方法です

芸能プロダクションを選ぶ場合は、

  • アイドル育成に力を入れているか
  • しっかりとマネジメントしてもらえるか
  • 所属しているアイドルの出演実績が十分にあるか

に重点を置いて選ぶようにしましょう。

ただ単に大手であるかどうかだけではなく、アイドルの育成に力を注いでいる芸能プロダクションを選ぶことが大切です。

オーディションに受かったとしても、まずはボイストレーニングやダンスレッスンなどから始まる場合が殆どです。レッスンを受けるには費用がかかる可能性もあるので、必ず両親と相談して決めましょう。

また、マネジメント体制が整っている芸能プロダクションを選ぶようにしてください。アイドルとして活動していくためには、必ずスケジュール調整やプロモーション活動を行ってくれるマネージャーがいなければいけません。十分な人数のマネージャーが在籍しているかを、しっかりと確認しましょう。

それから、所属アイドルが定期的に仕事をしているかどうかにも、重点を置いてチェックするようにしてください。芸能プロダクションの公式サイトを確認すると、アイドルの活動実績が確認できますよ。

②スカウトを受ける

テレビで活躍するアイドルの中には、「スカウトされて芸能界に入った」という方が多く存在します。スカウトとは、街中などで芸能プロダクションの関係者から直接声を掛けてもらい、芸能界への誘いを受けることです

アイドルを目指す方にとってスカウトとは、まるで夢のような話ですよね。しかし、スカウトと言ってもそのまま直ぐにアイドルデビューできるという訳ではありません!面接やオーディションを受け、芸能プロダクションへの所属が決まります

スカウトを受ける際の注意点

街中でスカウトをされてアイドルデビューをするなんて、まさにシンデレラストーリーですよね。アイドルを目指すなら誰もが憧れるスカウトですが、中には危険も潜んでいるため、十分に注意することが大切です

  • スカウトマンが名刺を渡さない
  • いきなり写真を撮ろうとする
  • 個人情報を紙に書かされる

このような場合は、かなり怪しいです。

芸能プロダクションのスカウトマンである場合は、必ず名刺を持っています。プロダクション名や連絡先が記載している名刺を渡してこない時は、直ぐに断るようにしましょう。

それから、いきなり写真を撮ったり、個人情報を書かせるスカウトマンも信用できません。あなたの写真や個人情報を、ネット上に載せて悪用する可能性があります。このような場合も、直ぐに断り、絶対にあなた自身の情報を渡さないように注意してください。

一方で、信用できるスカウトマンは、必ず名刺を渡してきます。あなたが未成年であれば、必ず保護者の方に相談をし、興味があれば連絡をするように伝えてきます。

もし芸能プロダクションからスカウトを受けたら、まずは名刺を確認し、両親に相談をした上で連絡をするかを決めましょうね

③養成学校やスクールに通う

テレビで活躍する声優アイドルや、歌って踊れるライブアイドルの中には、養成学校やスクールで技術を学んできた方が多いです。今やアイドルは、様々なスキルが求められると言っても過言ではありません。

声優や歌、ダンス、演技などなど、様々なスキルを身につけておくと、アイドルとして活動できる幅が広がります。

養成学校やスクールでは、学内オーディションを実施している場合も多いので、在学中からのアイドルデビューも夢ではありません。それに、第一線で活躍してきたプロの講師から、実践的なスキルを学べます。

もし所属したい芸能プロダクションが明確になっているのであれば、その芸能プロダクションと提携している養成所やスクールに入ると、デビューできる可能性も高まります

「アイドルになりたいけれど、何からやったらいいのか分からない!」という方は、アイドルになるための基礎や応用的なスキルを習得できる養成学校・スクールに通うのも一つの選択肢です。

養成学校・スクールを選ぶ際の注意点

養成学校やスクールに通うことにより、アイドルになるために必要なスキルを、しっかりと磨くことができます。また、仕事をしていく上での立ち振る舞い、マナーなども習得できるので、現場に出てから直ぐに即戦力として活躍できます。

養成学校やスクールは、

  • 学内オーディションが実施されているか
  • プロの講師が在籍しているか
  • デビュー実績があるか

に重点を置いて選ぶことが大切です。養成学校やスクールの公式サイトには、出身者の情報が載っています。アイドルとしてデビューしている方が多いということは、その養成学校やスクールが、教育の質が高いことを表しています。プロの講師が多数在籍していれば、尚安心ですね。

そして、アイドルになるためにはオーディションは必須です。そのため、年間の学内オーディション実施数が多い養成所・スクールを選ぶことをおすすめします

最近では、年齢制限のない養成所・スクールも増えています。16歳の女子高生でも通える養成所・スクールがたくさんありますので、ぜひ公式サイトを確認してみてくださいね

おすすめのアイドル養成学校ランキングと選び方
アイドルになりたいけれど、何から始めたら良いのか分からずに悩んでいる方はいませんか? 「テレビで活躍するアイドルになりたい」 「アイドルになってみんなに元気を与えたい」 「声優だけではなく、歌手としても輝きたい」 な...

まとめ

アイドルになるには、3つの方法があることが確認できました

オーディションを受けたり、スカウトを受けて芸能プロダクションに所属したとしても、まずはアイドルになるためのレッスンから始まる場合が殆どです。

アフレコや歌、ダンスなど、アイドルとして活躍していくためには様々なスキルを磨く必要がありますそのため、アイドルを目指すのであれば、養成学校・スクールで学ぶことが一番おすすめです

養成学校・スクールに通えば、アイドルとして長く活躍しているための技術を習得できます。また、養成学校やスクールが主催するオーディションに参加するチャンスが多いので、在学中でのアイドルデビューも夢ではありません

それに、信頼できるプロの講師が、芸能プロダクションの選び方についても一から指導してくれます。疑問に感じる点があれば何でも相談できるので安心です。

まずは公式サイトから資料請求をし、自分にぴったり合った養成学校・スクールを探してみましょうね!

おすすめのアイドル養成学校の資料請求はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました